sangetsu

フィルム汚れ防止壁紙の耐薬品性試験データはありますか?

試験データは下記の通りです。

【製品名】  フィルム汚れ防止壁紙
【試験方法】 各種薬品に対する24時間後の耐薬品性能を評価及び一般ビニル壁紙との比較
 ① 各壁紙サンプルを5cm角にサンプリング。
 ② 台紙にはり、各薬品を壁紙表面に適量塗布。
 ③ 温度23℃、湿度50%のRH室で24時間放置。
 ④ その後、表面をJKワイパー(※1)に水をつけて拭き取り。
 ⑤ 色相変化および状態変化により総合評価を行う。
   ※1 JKワイパー:実験室で使用する厚手のティッシュペーパー

【試験結果】
薬品名 フィルム汚れ防止壁紙 一般ビニル壁紙
 次亜塩素酸ナトリウム(6%)
 無水エタノール(99.5vol%)
 アンモニア水(25%)
 過酸化水素水(3.5w/v%)
 ポピドンヨード(7%)
 塩酸(9.5%)
 ベンザルコニウム水溶液(10%)
 ホルマリン液(37%)
 クレゾール石鹸液(3%)
 シンナー(原液)
 ルゴール液(原液) ×
 アクリノール(原液)
 MEK(原液)

【評価方法】 色相変化および状態変化により総合評価を行う。
 色相変化:JIS L 0805に定める汚染用グレースケールを用い、汚染度合いを評価する。
 状態変化:目視により外観の状態変化を評価する。
 評価項目:◎…変化なし 〇…軽微な変化 △…変化あり ×…明らかな変化

◆上記の試験結果は測定値であり、保障値ではありません。

お客様の問題は解決されましたでしょうか?

関連Q&A