sangetsu

ホモジニアスタイルとコンポジションタイルの違いと特性を教えてください。

商品に含まれる添加剤(バインダー)の含有率タイルの層構造が異なります。
それにより、デザイン性、消耗性、価格にそれぞれ特性があります。

■ホモジニアスタイルの特性
・柔らかく、割れたり欠けたりしにくい。
・気温、室温変化による寸法変化率が大きいので、温度管理が大切。
・写真層を持つため、多彩なデザインバリエーションがあります。
・価格はデザインにより異なる。


■コンポジションタイルの特性

・単層のため、摩耗には強い。摩耗しても柄がすりきれることが無い。
・欠けやすく、複雑なデザインカットは難しい。
・価格は比較的、安価なものが多い。

■ホモジニアスタイル詳細
添加剤(バインダー)含有率が30%以上あります。
バインダーとは・・ビニル樹脂を柔らかくする為の可塑剤と加工時の劣化を防ぐ安定剤を加えたもの
バインダー含有量が多いことで、柔らかく、割れたり欠けたりしにくい。
しかし、気温、室温変化による寸法変化率が大きいので、温度管理が重要。
クリア層+印刷層+バッカー層の3層構造。写真層を持つため、多彩なデザインバリエーションがあります。
価格はデザインにより異なります。
 
■コンポジションタイル詳細
バインダー含有量が30%未満で、単層構造です。
単層のため、摩耗しても柄の擦り切れは無いものの、欠けやすく、複雑なデザインカットは難しいです。
価格は安価となります。

お客様の問題は解決されましたでしょうか?

関連Q&A